お腹痛いけど

元気です。
本日22日はneccoさんにてスタンプラリー用紙の受け取りができる日です、ニャンニャン。
19時から23時。
よろしくお願いしますね。
https://neccogan.blogspot.jp/

梅子の部屋やります。

お疲れ様ですみなさん。
明日からまた仕事です。
私はめいっぱい楽しみたい。
やってやろう。

2月25日18時からギャラリー顔で梅子の部屋公開配信あります!ゲストはHARAD・Jさんですよ。会場にきてもOK。もちろん家でコメントいれるのもいいと思います!よろしく!

ねむたい

neccoさんへ行こう

SAPPORO UNDERGROUND「necco」公式サイト→ http://www.su-necco.net/

 

やっぱりすごいと思うのですよ。

7年、こういう場所を維持して続けることも。

常に面白いことやろうという気概も。

人間にも波がある。川のような流れもあるだろうし。

人の入れ替わり関係性の変換、世間の風潮、精神的肉体的危機。

修羅場をくぐられてきて。

お疲れのこともあるでしょうに。

neccoにある緊張感。私は行くといつも気が引き締まります。

普段はひたすら自然にふるまいたい私もなんだかキャラクターになるみたいだ。

アンダーグラウンドと名乗る時。根底にあるのはアウトローなスタンスなのか。

狂気と暮らしていく覚悟なのか。冗談みたいにも私には響いてくる。

不気味に地中へのびて生きるための栄養を吸収しては成長する。

華やかな地上とは一線を画す、土砂泥まみれの私たちを許容する空間。

私は種が大きくなるための肥やしのようになりたかった。

腐敗した内情を餌に育つもの。

根がなくては。私のグチャグチャなんてただ気持ち悪いだけだっただろうし。

ビジョンに背中をドカドカ蹴られて。(そういう厳しさを持ちながら)

なぜお前は咲こうとしないのか?

いつでも突きつけられているみたいで。

 

 

neccoを運営しているアラキ先生とはそんなに話したわけではなくて。

ただわかってくれるだろう、という謎の信頼感のもと。

necco×ギャラリー顔スタンプラリーの企画を持ち込ませていただいた。

近年、足りないピースを外に求められる余裕が自分にあって。

コラボレーションするには知名度も経歴もつりあってないのに。

なんだか元気に前向きなのだった。

鈍い。後になって驚くことばかり。

末端から少しずつ新しい色に染まっていく。

今もこうして、すぅっとステージを移行しているのかもしれない。

私は上にドンドン上がっていくタイプじゃない。

深海に潜って宝物を拾うタイプでもない。

あちらこちらの浜や浅瀬で人を惑わしているようなセルフイメージが今はある。

溺れた経験がある。山で遭難もした。

なんとか生き延びて、心が平地に帰って来て。

頂上への憧れ、宝石の輝きに未練をほんのり残しながら。

私は少しずつ家を形成しようとしている。

 

なんだか自分の話になってしまった。だけど。

私にとって、スタンプラリーの最終地点であるシークレットイベントが特別な意味を帯びそうで。

秘密だから詳しいことは何も書けないけれど。

私はただおふざけエンターティメントをするつもりは毛頭ない。

真剣に。この世で生きる姿勢を問うようなイベントにしたい。

昨日からまた新しい想像がとまらなくて。

集まった各々がどんな思いで表現に関わっているのか。

どかんと爆発させてたくさんの人に大きな傷を負わせたいね。

なんだろう、この気持ち。

 

まだまだ1年半ほどのギャラリー運営。

まだまだ楽しい。

 

読んでくださりありがとうございます。

春待ちの身体展とスタンプラリーの準備で充実した毎日を送らせてもらっている。

みなさん真摯に妥協なき生活を目指しましょう。

なぜ生きるのか?疑問に思ってもいい。悩ましい現状も刺激になるよね。

死にたいですか?大いにけっこう。

意識ある限り。眼を開いてしっかりと見ていたい。

あなたの命の火が、今も燃えている様を。

熱い。あちちち。

ケロイド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプリングパーティ♪

春待ちの身体展まであと1ヵ月程になりました。

ここでまた大切なお知らせです。

 

3月21日スプリングパーティ開場17時から。

お菓子や飲み物用意いたします!参加費300円。

そしてなんと!

18時から紅月鴉海さんの舞踏が行われることになりました!

投げ銭制です。みなさん、見に来てね。

 

紅月さんが舞い始めると場の空気が変わります。なんだかスゥッと知らなかった世界に連れていかれてしまう。

私にとってアートは当たり前と思っていた視点を変え、拡張してくれるものです。

別世界へ人を誘えることがアートの条件だと。昔人に教えてもらった。

そういう感覚をみんなで味わえたら。

きっとつまらない日常は終わって全てが輝いていくだろうなんて。

ひとりワクワクしているのだった。

 

necco×ギャラリー顔スタンプラリーもついに明日2月15日から用紙配布開始です。

19時から23時、通常営業のneccoさんで受け取れます。

先着50名。ぜひ。4つの展示コンプリートで5月5日のシークレットイベントに入場できる!

よろしくお願いします!

春待ちの身体展ゲスト紹介

こんにちは!ギャラリー顔代表おがたかおです!

春待ちの身体展、準備中です♪

黒崎三眼さんとおがたかお基本的には2人展ではありますが。

+αでゲストの方に1点作品提供いただいてます。

最終的には4人か5人の予定ですが。

先に3人の方を紹介します。

※搬入順

 

 

●Generousさん

普段はTシャツデザインなどされています。

しばしばセクシュアルなモチーフを使われていたのでお誘いしました。

スタイリッシュでシンプルなライン。全然いやらしくないです。

作品は額に入っているTシャツなので実は着れます。やったね。

 

 

 

●タカタ゛ヨウさん

地下之会首謀者。

女性を多く描いていらっしゃいますが。さまざまな形態でダイレクトにビジュアルショックを与えてきます。

今回来た作品も破壊力ある性と死を思わせますね。

題名もどういうことなのか考えてしまいます。こわい。

 

 

 

●月村朔也さん

独特の編みぐるみや小鳥の作品も印象的な作家さんです。

以前、女の子の部屋みたいな展示をしたいねと話していたのを思い出して。

神の御計らいかタイミングも良く無事参加してもらえました。

人物の大胆な構図、配色にもエネルギーを感じます。

 

 

 

 

 

 

性をテーマにいくらでも多様に捉えられることを感じていました。

私の話ですが。

今回はエロス、というよりもエネルギー源としてのセクシャリティを。

ひつとになるために。私達が越えていくハードルのこと。

男性性よりは女性性に寄っていて。

生物として私は女なのだな、という自覚を深めていく感覚。

大げさではなく性行為は命のやりとりなんだ。

うーんとにかく自分の作品には偏りがあるけれど。

ゲストさんたちやもちろん黒崎さんの作品達に助けてもらえて。

思っていたよりも堂々と飾れる気がする2月半ば。

 

展示まで後1ヵ月。

どこまでできるか。

走りきりたい。